平成30年4月27日(金)に開催された主要地方道 高崎渋川バイパス(3期工区)開通記念式典に出席しました。

主要地方道 高崎渋川バイパス(3期工区)の概要

主要地方道高崎渋川線バイパスは、高崎市浜尻町の国道17号線から、榛東村~吉岡町を経由して渋川市石原の上信自動車道に至る、全長15.1kmの主要幹線道路であり、群馬県が進める「群馬がはばたくための7つの交通軸構想」の県央軸の主軸として、地域の経済や県民の生活を支える重要な道路です。
このたび、3期工区の2.6kmが開通することで昭和60年から整備を進めてきたバイパスの全線が開通することとなります。

【3期工区】

  • 箇所名:北群馬郡吉岡町小倉~渋川市行幸田
  • 事業内容:延伸約2.6km 道路幅員25.0m(4車線)
    交差点7箇所、橋梁2橋(牛王川・茂沢川)
  • 事業期間:平成23年度~平成30年度(8年間)

※主要地方道 高崎渋川バイパス(3期工区)開通記念式典パンフレットより引用